メンタル安定の習得術|様々ある精神不安定の原因を探る

女医

心の病気と向き合う

不安定になる時の特徴

辛い

私たちの生活には精神的に負荷がかかりやすい様々な要素があります。これらは精神不安定になる外部からの刺激であると考えられており、中には生活に強い不快感を与える要素もあります。外部からの刺激とは主に、ストレスやフラストレーションが挙げられます。その他にも病気やケガなどの痛みが起因している場合もあります。病気やケガの場合は治療が必要ですが、他にもある様々な刺激とうまく向き合っていくためにはストレスに強いメンタルを持つための工夫が大切です。精神不安定にならないためのメンタルとは、考え方や生活習慣の工夫をすることで、外部からの刺激に強いメンタルを構築することができるような考え方や生活スタイルを作り上げてゆく事とも言えます。人間の生活にとって一番ストレスやフラストレーションなどの外部からの刺激的要素となりやすいものの特徴として、人間関係が挙げられます。人間関係には様々な組み合わせがあり、一概に対処できるものではありません。また、これといった正解的な人間関係の築き上げ方というものもの存在していません。そのため、まずは一人でも良いので信頼できる人を探すことからはじめましょう。現在大切な家族関係や友人関係がある方は、そういった大切な人から徐々に人間関係の輪を広げてゆく事が大切です。医学書によっては信頼できる人間関係が構築されている家庭では精神疾患が起こりにくいとの資料もあります。これは外部からの精神不安定になる刺激を強く受けてしまったとしても、信頼できる人間関係を築いた人と相談することができればうまく対処したり、ストレスを打ち消すことができやすくなるためです。

不安定改善のために

家族との信頼が強ければ外部からの強い刺激を受けて精神疾患を患ってしまったとしても、家族と協力し合って回復しやすい状況に持って行きやすくなります。もし、信頼できる身近な友人などがいない場合には、できるだけ家族との信頼関係を深めることを大切に生活することが重要です。家族(特に両親)からは心の傷を癒やすための力が強いともされています。学生時代に悪質ないじめをしなければならなかったり、不良グループとつるんで他人に迷惑行為を行う人の多くは親や家族との関係性におけるトラブルが引き金となってしまい、そのような人格になってしまう人も多いのです。この問題が大人になってからも自分自身の人格や人間関係に大きく影響しているとも言われています。つまりそれほど私たちの精神にとって両親や家族、家庭環境などによる影響は大きいのです。その理由として、家族から愛情を受け取る事ができないと感じて生きているという不利な状況にさらされている他にも、外部からの刺激に弱い人間性が作り上げられやすくなっているためでもあります。また加えて家族との調和が上手くいかないと食生活などの生活習慣にも影響が及び、それらの目に見えない刺激もまた、外部からの刺激として精神不安定になる原因となっています。こうした理由からも、精神不安定に関連している精神疾患の多くは家族との関連性を見直すことが重要です。また、不安要素が強い場合には心療内科に相談するのも良いでしょう。抗精神薬などの処方によって穏やかに精神状態を改善する事ができる場合もあります。精神不安定になる要素として、精神的に安定している状態の時と精神的に不安定な状態の時とのバランスを保ち、できるだけ浮き沈みを少なくする事が大切です。専門医とも相談しながら継続的な治療を続ける事が重要です。

Copyright©2015 メンタル安定の習得術|様々ある精神不安定の原因を探る All Rights Reserved.