メンタル安定の習得術|様々ある精神不安定の原因を探る

医者

悩みがちなこと

女性

精神不安定と言っても、それは緊張によるものから、うつ病が原因となってしまっているものまでさまざまな状態や原因があります。そのため、個人で病名を判断したり、大丈夫だろうと判断するのは、危険です。不安に思ったらかかりつけの医師に相談することが大切です。精神が不安定な状態が長く続くと、体に影響が起こる場合があります。代表的な例は、過敏性胃腸症候群です。過敏性胃腸症候群の大きな特徴は、緊張やストレスを感じたりするとお腹が痛くなってしまったり、下痢をしてしまったり、吐いてしまう場合もあるようです。消化管の異常だと思い、病院で診察を受けて過敏性胃腸症候群と診断されるケースも少なくないそうです。過敏性胃腸症候群は、排便のあと症状は急激に快方に向かう場合が多く、痛みが長く続くことは多くないですが、何度もトイレに行かなければならないことも少なくなく過敏性腸症候群の患者さんのクオリティー・オブ・ライフ(QOL)が低下してしまいます。このように精神不安定やそのほかの精神的な原因によって体に実際の痛みや不快感が出てしまうことも少なくありません。精神不安定な状態が長期間続いていたり、身体的な異常が長期間に渡り続いている場合は注意が必要です。体の異常の原因は身体的な要因でなく、精神的な要因からくる場合がありますので、不安に思ったら医師の診察を受けることが非常に重要です。精神的な要因の場合、長期的な治療が必要になる場合が非常に多く長期間に渡る通院が必要になることがあります。

精神不安定が不安定な状態はその人にとってもつらいことですが、その人の友人や家族にとってもつらい場合が多いです。病院で診察を受けることが重要ですが、精神不安定な状態を少しでも軽くする場合、気分転換が重要になります。気分転換に人気なのが、男性の場合散歩やゴルフで女性の場合は、買い物や図書館を利用することなどです。男性で精神不安定な状態になってしまう原因に多い仕事や学校が原因の場合、普段あまり行かない近くの公園へ散歩へ行ったりすることなどが気分転換になることがあります。例えば、公園へ散歩に行く場合、ただ散歩をするよりも先月より寒くなったなと感じたり、木の葉が色づいてきたななどと、感じたりするとより気分が軽くなることがあります。ゴルフは普段行っているコースや打ちっぱなしなどへ行くよりも、自然に囲まれたコースを親しい友人や高校時代の友達などと一緒にプレイしてみると会話が弾み楽しい気分転換になるかもしれません。家事や子育てなどがストレスなどになってしまう女性の場合、買い物が気分転換になる場合が多いです。買い物をする際、普段がんばっている自分へのご褒美に、今日だけは奮発して高いのをなどと、考えて買い物するのがよいでしょう。また、土日などを利用して図書館でお気に入りの一冊を探してみたり、昔読んだ懐かしい本を読み返してみるのもオススメです。自治体によっては、おもしろいイベントを月一回から週一回程度行っている場合もあり、それに参加してみるのもよいと思います。

心の病気と向き合う

辛い

私たちが普段の生活において精神不安定になる理由として、外部からの刺激があります。普段の生活を普通に過ごしているつもりでも、私たちの周囲には目に見えない様々な刺激が存在します。これらの刺激とうまく向き合う工夫についてまとめています。

詳しくはコチラ

無理に改善しようとしない

カウンセリング

精神不安定はストレスなどによって起きていますが、カウンセラーや心療内科などは増えているので、精神不安定は解消しやすくなるといえます。人によりますが感情的になる人もいれば、体調を崩すという人もいます。精神不安定に悩んだら、精神科や心療内科などに相談をすることで改善されることがあります。

詳しくはコチラ

体調を戻す方法

カウンセリング

不眠が続いている時に精神不安定を利用すると仕事や家事育児の能率が上ります。眠れない日が続く時は誰でも脳が疲れてしまい体が重く感じます。それを、精神不安定の薬で安定した状態に戻す事で、普段以上に能率の上がる生活をおくれます。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 メンタル安定の習得術|様々ある精神不安定の原因を探る All Rights Reserved.